幸せ

『幸せ感』‐「春夏秋冬の中で幸せを感じる時」の今昔

春はいろいろあります。

桜はやっぱり目を和ませてくれますし、新緑が、春の薫りが、鼻をくすぐります。

田舎に住んでた頃は、田畑を耕す作業や、トラクターが横道を往来する音がなぜかワクワクさせてくれたものです。

肥やしの臭いはすごかったですけど。

町工場の鉄工機械が活発に動き出します。今年の景気をそれで判断するのです。

あの油の臭いは割と好きでした。

なんと言っても球春到来!

一冬越した後の、球音がなんと耳に心地いいことか。

 

子供の頃は夏休みに心躍らせたものです。昼はクーラーの効いた部屋で、かき氷を食べながら高校野球観戦。

盆踊り・・・盆踊りしたことはないけれど、子供の頃に住んでいた地域では、なぜか凧揚げが流行していました。ゲイラカイトというやつです。

人がいっぱい集まっているだけで、楽しくなってきます。

幼少の頃は、うだるような暑さの外界から、デパートやスーパーに飛び込んで、ひんやりした床に寝そべって涼を取ったものです。

今やったら、変質者として連行されますね。

大人になった現在はなかなか楽しみを見つけにくい季節ですが、風呂上りに裸でクーラーの冷風に当たると気持ちいいのは、大人になった今も変わりません。

 

 

鍋物、煮物、シチュー・・・。

食べ物の選択肢が一気に広がる季節です。

春の新緑に対して、紅葉が美しい季節と言われますが、わたしはそこは好きではありません。掃除が大変なので。

木枯らしに舞う枯れ葉を、鳩が追いかけて遊んでるを見るのは、「いとをかし」です。

かつては番組改変期の特別番組も楽しみでしたが、今はどうなんでしょう?

 

こたつ!

そのままゴロンと横になって、いつでもうだうだウトウトできる最強幸せアイテムの登場です。

そこにネコがいれば、さらに最高なんでしょうけれど。ストーブがあれば、関東煮など鍋を乗せて、いつでもほくほく食べれます。

年末年始のテレビ番組が楽しみです。特に、新春オールスターかくし芸は傑作映像だらけで、DVD出版を強く希望するレベルでした。

虫がいないのもいいですよね。

季節の変わり目の部屋の模様替えや、物を買い替えるのも楽しみがあります。

四季折々を堪能できる日本に、生まれてよかった。

 

 

文章:超太郎

関連記事

  1. 歴史を再確認して得した気分に(その2)
  2. 春の幸せ
  3. 2022年2月22日はハッピーでスーパーな猫の日!
  4. 自分の好きな音楽を聴いて「幸せ」を感じる!
  5. 8月になると戦後に生まれことに幸せを感じる
  6. スポーツでハッピーに!
  7. コンビニの新商品☆幸せチョコスイーツ
  8. アニメを見るときは非現実的だと思わない方がハッピー!

カテゴリー

PAGE TOP