旅行情報

母なる海に癒されたい

有名どころの神社仏閣が、公式ウェブサイトを持っているあたり、時代を感じます(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。

貯金の意味を考えておりました。

困ったときに使う、のが本来であるはず。

ならば、発作的に行こうと決めた小旅行のために使ってもいいんじゃね? とか思った今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の記事は、「海を見て癒されたい!」とかいった話です。

うっ屈してゐる

さて。先日のことです。色々煮詰まって、脳味噌が焦げそうになりました。

サイ○リヤでn回目の豪遊もしたのですが、満たされない。

考えてみれば、ここ最近、かかって電車で1時間の圏内しか動いていない。

遠出をしたい。さりとて、スケジュールの都合がある。

せいぜいが、一泊程度の小旅行が限度。

しかし、別に遊びたいわけじゃない。

日々の喧噪を離れ、気分を引き締めたい。

そうだ、遠い神社へ行きたいな。

どうせ行くなら、お伊勢参りはどうだろう?

僕は兵庫県在住のため、伊勢神宮のある三重県までは、片道約3時間。

日帰りでも行ける距離ではある。

しかし、慌ただしく参拝したくない。

そんなわけで、思い立ったが吉日。

伊勢市駅近辺の東横○ンを抑えました。

これ、ボスフラの方でも書かせて頂きました。

ただ、これを書いている現時点では、反映されていないため、引用ができません。

話を戻して。ここ最近は、具体的なお伊勢参りのルートを考えております。

詳しいな!?

江戸の昔は、「一生に一度は行きたい」と、庶民に思わしめた、お伊勢参り。

お伊勢参り、と一口に言っても、厳格な決まりこそないものの、慣例的な順番などがあります。

最低限、伊勢神宮の場合は、外宮→内宮、という順番です。

しかし、それ以外にも、周辺の神社に参拝した方がいいという話もあります。

この辺、今どきはYouTubeなんかを観れば、詳しい方のチャンネルが山とある。

ここ数日、そういうチャンネルばっかり観まくって、夜更かしがちなのは秘密です。

でも、知らなかった知識を得られるのって、面白いんですよね。

特に、「やらないほうがいいこと」などの情報は、重宝します。

海が見たい!

そんな、お伊勢参りのコースを考えているさなか。

「伊勢の神宮へ参拝前に行け」と言われているところがあります。

それは、二見興玉(ふたみおきたま)神社。

夫婦岩(めおといわ)で有名な場所です。

ご存じない方のために、この記事の画像を、その「夫婦岩」にしました。

古来、お伊勢参りの参拝客は、その前に、二見興玉神社の渚で身を清めたとのこと。

まあ、さすがに今は、そんな慣例はないのですが、お伊勢参りの前に押さえておくべき神社であることは確か。

参拝ルートを考えているさなか、ふと思いました。

そう言えば、ずいぶん長い間、海を見ていない。

もはや記憶の中からも掘り出せないほど長い間、母なる海を見ていないのです。

それって、かなりの問題じゃないでしょうか?

ああ、心が叫んでいる。

海を! 海を見せろと!

「海を見る」ことの癒し効果。

ことさらに説明せずとも、だいたい皆様、フィーリングでお察し頂けるかと。

なんせ、繰り返しますが「母なる海」ですからね。

とにかく、二見興玉神社は海岸沿いの神社です。

行けば必然的に海を見ることになり、目的は達成されます。

ヨロシイノデハナイデショウカ

今回、お伊勢参りへ行こうと決めたのも、毒電波様の仕業です。

ただ、世の中の偶然というものは、思っている以上に必然であるもの。

海が見たい+神社へ行きたい=お伊勢参り最強(さいつよ)

気になる点と言えば、人が行かんとしている日に限って、ピンポイントで雨の予報なんですよね。

ただし、神社を参拝する際の雨は、「禊(みそぎ)の雨」とも呼ばれるらしい。

なので、かえって縁起がいいとする解釈もあるようです。

雨天ともなれば、他の参拝客も比較的少ないはず。

いいように考えることにしますよ、ええ。

パワースポット!

伊勢神宮は、言わずと知れたパワースポットです。

煮詰まりきっている、今。

あやかれるものにはあやかりたい!

そのためには、ケチケチしない!

ここで、「貯金を使ってもいいよね?」という話になるわけです。

雨天下の海も、それはそれで趣があるとは思います。

何らかのご利益があるといいのですが。

んじゃまた。

 

文章:フジカワ

関連記事

  1. 『ベリーダンス』でハッピーに!
  2. 彼女と私の日常 15日目
  3. 好きの間に好きなことをしています。
  4. 出雲大社へのお大尽な旅(後編)
  5. タイでの長期滞在について
  6. 「なんかいる」神社へ
  7. スクンビットにあるおすすめホテル①
  8. 質のいい睡眠を取ろう

カテゴリー

PAGE TOP