幸せ

出雲大社へのお大尽な旅(後編)

最近、モバイルバッテリーの重要性を痛いほど認識しているため、もっと大容量の物を買いました(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。

僕は、利便性を考えて、スマホを2台持っているのですが、サブ機の方に「モバイルICOCA」を導入すれば捗るんじゃね? とか思った今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の記事は、「島根県へ!(後編)」とかいった話です。

前回までのあらすじ

さて。前回は、出雲大社への参拝について書かせて頂きました。

体感的には、伊勢の神宮よりも参拝客が多かったです。

敷地面積の差はありますから、仮に正確にカウントしたなら、やはり伊勢の神宮の方が多いかもしれない。

しかし、「一つのお社に、100m以上の行列」というのは、どう考えてもおかしいでしょう。

とにかく、出雲大社を離脱後、松江市の「美保神社」へ向かいました。

何も食えない!

ところで、出雲と言えば、出雲そばとぜんざいですよね。

ちなみに、「ぜんざい」は出雲の地が発祥で、名前も、「神在(じんざい)」が語源らしいです。

有り難い名前のスイーツですよね。

ただし、今回の旅行では、そのどちらも食えませんでした。

出雲大社の門前には、「神門通り」という、みやげもの店などが立ち並ぶ道があるのですが。

どこもかしこも、とんでもない人だかり!

時間に余裕がなかったこともあり、スルーせざるを得ませんでした。

事前に、「地元民おすすめ」の、出雲そば屋とぜんざいの店を調べておいたのですが。

移動のことも考えると、なおのこと食えなかったという。

いざ、松江へ! しかし!?

次の目的地は、松江市にある「美保神社」。

http://mihojinja.or.jp/

こちらは、全国の「えびす様」の総本宮。

出雲大社は、「だいこく様」であり、古来より、「両参り」をするとさらによいとされています。

スマホの地図アプリで調べた結果、出雲大社から美保神社までは、片道約3時間とのこと。

まあね、同じ島根県内でも、美保神社がある美保関って、端っこの方ですからね。

出雲大社から、一畑電車に乗り、「松江しんじ湖温泉」駅へ。

そこから、バスを乗り継ぐはずだったのですが……あろうことか、乗るバスを間違えた!

気付いた時には、既に遅かった。

誤って到着してしまった、JR松江駅で一人途方に暮れてしまいました。

まさか、ここまで来て、美保神社を諦めて引き返すわけにはいかない。

山陰地方って、車社会なんですよね。

なので、バスのダイヤがスカスカ。

意味するところは、バスが一時間に一本なんていうのは、ザラなのです。

イコール、次のバスを待った場合、既にチケットを買っている、帰りの飛行機に間に合わない。

とりあえず、というのも変な言い方ではあれ。

どのみち、帰りは松江駅から、特急「やくも」で、出雲市駅まで戻ります。

なので、松江駅の券売機で、乗車券と特急券を買っておきました。

しかし、バスに乗れない以上、どうやって美保神社まで行くか?

選択肢は、なかったです。

意を決した僕は、松江駅から、タクシーに乗りました。

目的地までは、一時間とのこと。

美保神社に着いた!

タクシー代のことは、あえて考えないようにしました。

とにかく、美保神社へ到着!

帰りをどうしようか?

タクシーの運転手さん曰く、流しのタクシーなんか通らないとのこと。

実際、そういう場所に鎮座していました。

バスは不安だったため、運転手さんに、駐車場で待っていてもらう事に。

こちらが本殿。全国のえびす様の総本宮にしては、慎ましい構えです。

境内には、摂社や末社もないため、参拝自体はすぐに終わりました。

ただ、御朱印を頂くのに、15分ほど待ちました。

この美保神社、場所が港の近くで、かつ、えびす様をお祀りしていると言う事もあり、主に漁業関係者の崇敬を集めているそうです。

また、ご祈祷目的の方が多いらしく、僕が御朱印をもらいに行った折は、なんか埼玉の方からいらしたという方が、ご祈祷の申し込みをしていました。

つつがなく参拝を終え、再びタクシーに乗り、松江駅まで戻りましたが……

……往復でのタクシー代が、2万円を超えましたさ(吐血)。

終わったよー!

タクシーを使ったことで、予想外に時間を短縮でき、松江駅でかなり待ちました。

寒いわ暇だわで、かなり辛かったです。

やがて時間になったので、出雲市駅まで戻り、コインロッカーから荷物を出し、バスで出雲空港へ。

……ストレートに空港まで着いたのはいいとして。

飛行機の時間が結構遅かったため、またしてもかなり待つハメになりました。

空港内で、出雲そばとぜんざいを食わせる店もあったのですが。

そこまでは時間がなさげという、何とも中途半端な。

と、空港内で、ある垂れ幕に気付きました。

そうなんですよ。出雲市自体、めっさ神在月推し。

要するに、「ヘイヘイヘーイ! 観光客カモーン!!」の時期。

別の言い方をすれば、年に一度のかき入れ時なんです。

人が多くて当たり前。

そんな時期に、ノコノコ出かけていったのです。

出雲大社に呼ばれたかもしれないのはいいとして、タイミングが悪かった。

もし、次に再度この地を訪れるとしたならば。

二泊三日ぐらいの予定にはしておかないとな、と思いました。

つうか、出雲そばとぜんざいが食えなかったのが、大変に心残りです。

美保神社へ再訪するにせよ、今度は、タクシーを使うことを前提にした方がいいでしょう。

また、タクシーの運転手さんに聞いたのですが。

(出雲大社とは別に)「縁結びの神」として有名な、松江市の「八重垣神社」にも訪れたい。

https://yaegakijinja.or.jp/

ただ、宿泊を伴う旅行というのも、金銭的にキツいです。

まずは、ICOCA一つで行ける範囲を回ろうと思いました。

余談

これを書きながら、「出雲大社と美保神社の、両参りのツアー」というのを、軽く調べてみました。

すると、二泊三日で、あるにはありました。

お値段は50,000円。

移動や宿泊の費用を考えると、結構お値打ちかも知れません。

しかし、ぞろぞろ連れ立っての旅行というのは、僕の性格的に苦手です。

別段豪華なメシを食いたいわけでもないですし、宿泊先で相部屋というのが一番気に入らない。

百歩譲って相部屋をよしとしても、おそらく客室内は禁煙でしょう。

ゆっくりタバコで一服したいのにできない、というのは、かなり辛いです。

なので、多少割高になろうが、自由度の高い単独行の方がいいな、とは思います。

今度は、特急券をネットで買ったら、出発前に、最寄りのJRの駅で受け取っておくことにします。

まだまだ続くよ、アラフィフパワースポット一人旅。

んじゃまた。

 

文章:フジカワ

関連記事

  1. ミニカーと癒し
  2. 私が幸せを感じる瞬間
  3. サンドアートで癒される夏!
  4. 旧車と癒し(ベレG)
  5. アメリカの住宅で癒される
  6. 不思議な神社へ行って来た
  7. 第1回! VTuberに癒されよう♪
  8. アイドルの歌に癒される(ごめんねFingers crossed)…

カテゴリー

PAGE TOP