癒し

湯船につかろう

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.

現代は忙しかったり、仕事から帰ってきて疲れていたらお風呂に入るのが面倒くさくてシャワーで済ませてしまう人も多いと思います。

しかしながら、面倒くさくてもお風呂につかったほうがとても体に良くて、のちのち病気になる可能性を少しでも低下させてくれるのではないかと自分は考えています。

癒し効果

入浴方法としては約38~40度ほどの少しぬるめのお湯につかると、副交感神経が優位になりリラックス効果があるといわれています。

なにより、自分が実際に入っていると水の中に浮かんでいる感じがして気持ちが良くなり癒されますし、一日の中であった嫌なことなどもリラックスして少しでも緩和されると思います。

健康効果

お風呂に入ると血行も良くなり、毛細血管の量が増えて冷え性対策にもいいといわれています。

効果が出てくるのには時間がかかるかもしれませんが、定期的に入浴を繰り返すことで温まりやすくなる場合があると思うので、冷え性で悩んでいる人は一度試してみるといいかもしれません。

注意点

逆に熱すぎる温度のお湯は交感神経を優位にさせるらしいのであまりおすすめは出来ないです。

自分の場合は約10~15分間ほどお風呂につかっているのですが、あまり長い間お風呂につかっていると脱水症状を引き起こす可能性もあると思うので、あまり長い間お風呂に入るのはおすすめしないです。

もし長めにお風呂に浸かりたいなら、入浴前に水分をしっかり補給したり塩分を摂取してから入るのをおすすめします。

お風呂から上がった直後は体が温まっているんですが、浴室から外に出たときに寒かったりして温度差が激しく血圧が大きく変動して心筋梗塞や脳梗塞になる場合もあるらしいので、冬に場合は特に外にヒーターなどをつけておくといいと思いますし、自分もそうするようにして対策しています。

まとめ

シャワーを浴びているだけじゃなかなか体の芯から温まらないと思います。

冷え性の人はさらに症状を悪化させかねないので、特に冷える冬場なんかは週に1~2回でもいいのでお風呂につかるのをおすすめします。

 

文章:ごんごん

関連記事

  1. 明石海峡大橋を見て癒されませんか?
  2. 続・ガンプラで癒しを
  3. お家時間で自分を癒す方法
  4. サブスク音楽配信サービスで得られる癒し
  5. お絵描きを楽しもう
  6. 『小さな村の物語 イタリア』を観て癒される
  7. 『音楽』に癒される
  8. 癒されるための4つの方法

カテゴリー

PAGE TOP