幸せ

文章表現で幸せになる(フジカワ版)

おーっとぉ?「タイトルを真似するな!」というツッコミは、今ばかりは正しくないぜ?(挨拶)

と、いうわけで、フジカワです。

僕には姉がいるのですが、全き健常者であるのはいいとしても、障碍についてまるで無理解というか、偏見にまみれた持論を展開されては、いかに身内ではあれどs(以下検閲削除)

今回の記事は、「欲求と義務の狭間!」とかいった話です。

目が覚める

さて。この記事を書こうと思ったのは、別の方の記事を読んだことでした。

「文章表現で幸せになる」

https://happymagazine.net/20230706-45467.html

いやぁ……自分が妙に恥ずかしくなりました。

そうなんですよ。

「書く」ということは、まず本人の幸福であるべきなのです。

(上記の記事を書かれた)小崎さんの仰る通り、ささやかなことでもいい。

日常の些末なことに、きらめきを見つけられる目。それが大事なんですよ。

「ものを書くこと」の本質がある。

ちょっとね、個人的には目を覚まされたような気がしました。

ぼんやりとした危機感

書くこと、は、確かに幸福を得る手段ではあります。

小崎さんの記事を拝読して、さらに「ああ」と思ったことがあります。

むしろ、危機感すら覚えた。

それは、「やりたい」が、いつしか「ねばならない」に変わっているのでは? という疑念。

自分を癒すための手段が、義務、ないしは承認欲求に取って代わっている。

……我ながら危ないな、と思いました。

初心忘るべからず

表現とは、まず癒したらねばならない。

個人的には、疑いようのない事実です。

ただ、僕みたいに27年間も書いてて、かつ、そのうちの16年間が下手にプロだったりすると、妙ぉーに(ある側面において)「卑屈」になるんですよね。

要するに、「ウケを狙うスケベ心」が出てしまう。

文字ってのは、すごく正直です。

書き手の心を、鏡のように映します。

下心も、品性も、性格も、何もかも、出るんですよ。

「そんなもん、知らねえよ!」と、うそぶいている、他ならぬ僕自身が、実のところ、誰よりも卑屈になっているんじゃあないか?

初心忘るべからず、という言葉がございますが、それも意外と難しいもんです。

もっとも、僕の場合に限っては、その「初心」こそがギトギトに脂ぎっていて、この歳でやっと「多少は」洗われたかな? という実感もあるんですけども。

話を戻して

「表現すること」は、幸せになる手段たり得ます。

それは間違いがないことです。

理由としては、結構明確。

「気持ち(わだかまり)を吐き出す(アウトプットする)」のって、平たく言えば、「内面の整理」ですからね。

もう一度述べますが、文字は正直です。

書き手の全ての感情が出ます。

イコール、「辛さ」もしかり、なんですよね。

嫌々書いたものは、「そう」としか読めない。

変な義務感を持つと、その「力み」すら出る。

「やらねばならない」よりも、まず「やりたい」。

そこをはき違えると、ひどい目に遭う。

もちろん、プロになったなら「やらねばならない」のではありますが、そこに「好き」がないと、つまらないものしかできないと断言できます。

これはアレだ。分かりやすく言えば、比類なき結果を出し続けている、エンゼルスの大谷翔平選手が、そもそも野球が嫌いであるか? ってことですよ。

むしろ、オオタニ=サンは、かつて現地で評されたことがあるようですが、「リトルリーガーのような純粋さ、無邪気さ」を持ったまま、メジャーリーガーになったような人です。

好きこそものの上手なれ、とは、よく言ったもの。

とは言え、僕は自分に対して、「文章が巧い」とは思わないようにしてはいるのですが。

なんせ、思い上がりは毒でしかないですからね。

これは逆に、「謙遜は美徳ではあれど、過ぎたる卑屈もまた罪」でもある。

このあたりの塩梅が、いつも難しいなあ、とは思っています。

大切にしたい感性

小崎さんの記事内から表現を引用させていただきますが、

「朝食のトーストの焼き加減が好みに焼けた。」

こういう幸せを見つけられる感性を、僕も大事にしたいと、しみじみ思いました。

極端な話でもないかとは思いますが、表現者に必要な感受性の全てが詰まっている。

そのことを教えてくれた方が、同じ空間にいらっしゃることが、表現者の端くれとして、何よりも嬉しい。そんな梅雨の終盤。

 

んじゃまた。

 

文章:フジカワ

関連記事

  1. 料理をする楽しさを知ろう!
  2. 幸せだと感じる方法は人それぞれではないでしょうか。
  3. ハッピーな休日を過ごすために
  4. 『【アニメ版】ワールドトリガー』を観て幸福感を得よう!
  5. 寝てますか?
  6. ゲームでハッピーになろう!
  7. ハッピーなピクニックセット3選!
  8. パワースポット、かもしれないが?

カテゴリー

PAGE TOP