癒し

お風呂で癒し

出典:Photo credit: Timothy Valentine on VisualHunt

 

お風呂は最高の癒しをもたらします!

お風呂で得られる癒しについて見ていきたいと思います!

さまざまな効果

寒い冬、あったかいお湯につかるとほっこりしますよね。

じっくりと浸かると血行が良くなりリラックス効果抜群です。

入浴には、リラックス効果があり、ストレスなどで疲れた体を休めてくれる効果があります。

さらに、温浴効果によって手や足先の末梢神経が拡張し、筋肉や関節がほぐれて体の疲れがとれます。

また、お湯につかった時のそのお湯の水圧も、血液やリンパの流れを良くするのです。

体の疲労物質や血液、老廃物が流れやすくなることで、疲労回復効果があります。

疲れがとれて癒しにつながることでしょう。

熱いお湯が好きな方もおられると思いますが、42度以上のお湯は交感神経を高ぶらせてしまいます。

38~40度のぬるめのお湯であれば、副交感神経を刺激しリラックス効果を高めることが

できます。

入浴時間としては、10~20分程度が良いとされています。

半身浴であれば、肺や心臓への負担をやわらげることができ、長時間でものぼせることなく

じんわりと汗をかくことで新陳代謝がアップします。

おすすめの入浴剤

普段のお風呂に、入浴剤をプラスすることで、さらに効果が高まります。

筆者が愛用しているのがこちら。

出典:©日本薬品開発

処方箋薬局でサンプルが置いてあったので手にとってみたら、薬剤師さんが

「いいですよ~」とおっしゃるので試してみました。

そしたらこれが大正解。Amazonで取り寄せるようになりました。

別府海地獄温泉の温泉末配合で、ぬくもりが断然違います。

効能は、疲労回復、神経痛、リウマチ、うちみ、肩こり、くじき、しもやけ、痔、腰痛

冷え性、あせも、ひび、あかぎれ、荒れ性など。

身体の芯から温まり、一日の疲れがとれてしまいます。

はぁ~癒される。

出典:©日本薬品開発

さいごに

お風呂にゆっくりじっくり浸かることで、一日の疲れがとれ、ハッピーになることができます。

入浴方法などを工夫して、最大限の癒しを得るというのはどうでしょうか?

以上、お風呂で癒しでした!

 

文章:curando

関連記事

  1. 大自然にいる気分を味わえる癒しの環境音
  2. 椿大神社へ行って、大変な目に遭う
  3. 『小さな村の物語 イタリア』を観て癒される(6)
  4. 『原神』オープンワールドの世界で癒されよう♪
  5. 散髪で癒されよう
  6. バイクと癒し(ヤマハSR400)
  7. 神戸のカフェに行って癒されませんか?
  8. 彼女と私の日常 16日目

カテゴリー

PAGE TOP