癒し

犬と猫について(私見)

犬と猫を飼った経験から

犬、または猫を飼っている人は多いと思います。

しかし、ペットを飼ったことがない人も少なからずいると思います。

今回、私には犬と猫、両方を飼った経験があるので、ペットを飼った経験(犬または猫を飼った経験)のない人に参考になればと思い、私が感じたことを述べていきたいと思います。

猫は遊び相手に向いているが注意も必要

猫は犬よりも遊び相手には向いています。

「猫じゃらし」などに良く反応し、遊ばせることができるのです。

私の場合、子供の頃には犬よりも猫と良く遊んでいた記憶があります。

しかし、猫と遊ぶときには注意も必要です。

「猫じゃらし」などの猫用おもちゃを使えば良いのですが、手元に「猫じゃらし」がなく、身近にあったもの(例えばキーホルダーなど)を使って猫の相手をすると、手をひっかかれることがあります。

私の場合手の甲や手首などに「ひっかき傷」が多数できました。

猫の「ひっかき傷」は傷跡が残りやすいみたいで、中学生の時にできたひっかき傷が、社会人になってからも3つか4つ残っていました。

犬は寝ていることが多いが出迎えてくれる

犬は寝ていることが多いです。

犬の睡眠時間をネットで調べてみましたが、成犬(1~7歳)が12~15時間、老犬(7歳~)が18~19時間になるようです。

現在、私が飼っているのは7歳のトイプードルです。

確かに、いつも寝ています。

ただ、母の説明では、私が仕事から帰宅する時間になると起きているそうです。

そのためか、私が帰宅するといつも、出迎えてくれます。

寝てばかりで、あまり遊ばない犬ですが、しっぽを振って出迎えてくれると、いつも癒されます。

犬や猫を飼うのは大変ですが...

猫は柱や家具にひっかき傷を付けるかもしれません。

犬は毎日の散歩が必要です。(私の場合、雨の日は散歩をしません)

なので、どちらも安易に飼うことはできないでしょう。

私も疲れて帰るときなどに「帰ったら犬を散歩させるのか...」と思うときもあります。

しかし、しっぽを振って出迎えてくれる犬を見ると「散歩に行こう!」と思うのです。

犬と猫、どちらも飼うための努力は必要ですが、努力以上の癒しを与えてくれると思います。

 

文章:エムユー

関連記事

  1. アイドルの歌に癒される(僕のYELL)
  2. コスモスの丘で癒されませんか?
  3. お家時間で自分を癒す方法
  4. 海外ドラマで得られる癒し!
  5. メリケンパークに行って癒されてみませんか?
  6. バイクと癒し(四気筒)
  7. 『Apex Legends』の世界で癒しを見つけよう♪
  8. 『小さな村の物語 イタリア』を観て癒される(5)

カテゴリー

PAGE TOP