旅行情報

タイでの長期滞在について

出典:© いらすとや. All Rights Reserved.

はじめに

皆さんこんにちは!今回はタイに長期滞在する際の注意する点と一度は行かれると思うバンコクの入国管理局の場所や行き方などをご紹介したいと思います。

忘れたら罰金!!90日レポート

タイに90日以上滞在する全ての外国人は、最寄りの入国管理局に現住所を報告しないといけません。

申請日は該当日の15日前から7日後迄となります。もし90日レポートを忘れていたり、しなかった場合は罰金を取られます。

提出方法

通常は入国管理局へ行き申請します。申請期間は該当日の15日前から7日後迄に本人もしくは代理人(提出を代行してくれる業者などもあります)が最寄りの入国管理局へ行き提出する。

他の申請方法もありますが手間はかかってしまいますが直接入国管理局へ行き提出するのが良いと思います。

※注意点※

該当日は入国日を1日目として数える為、一度出国すると再入国日から数え直しになります。申請する入国管理局は居住地によって決まっているので事前に確認する必要があります。

絶対にダメ!!オーバーステイ

ビザ(査証)で認められている滞在日数を超えてタイに居た場合オーバーステイになり、タイの法律では違反行為になります。

猶予期間は2日間ありますが、それを超えると1日あたり500バーツの罰金となり最大20000バーツの罰金を払い直ちに出国しないといけません。

40日以上のオーバーステイをした場合は逮捕・拘束される可能性もあります。バンコクにある移民収容センターに留置され尋問されます。

また友人や家族、大使館スタッフの助けでタイ出国の為の航空券を取得して貰えるまで留置されます。

複数回出入国が可能!!再入国許可

ビザの滞在日数が残っている場合で、タイを出国し再入国をする必要があれば事前に再入国許可(リエントリーパーミット)を取得しなければなりません。

再入国許可を得ず再入国をしようとすると、それまでの滞在許可は失効してしまい、もう一度ビザの申請をしなければなりません。

再入国許可(リエントリーパーミット)には、ビザ期間内に一度出入国する事が出来るシングルエントリー(1000バーツ)と2回以上出入国する事が出来るマルチプルエントリー(3800バーツ)の2種類があります。

出入国をする度に取得する必要がありますが、出入国が3回までならシングルエントリーの方がお得です。通常はチェーンワッタナーの入国管理局で取得しますがスワンナプーム国際空港やドンムアン空港でも取得が出来ます。

しかし、空港の場合は窓口が閉鎖している事もあるので、チェーンワッタナーの入国管理局で取得する事をオススメします!

もし入国管理局に行く事が面倒だなと思う人は取得を代行してくれる会社もあります。

取得の際に必要な書類

・パスポート

・パスポートのコピー(顔写真のページ、ビザのページ、ビザ更新の入国スタンプが押印されているページ)

・出入国カードのコピー

・カラー証明写真(4cm×6cm)

・申請料(シングル1000バーツ、マルチプル3800バーツ)

バンコクの入国管理局に行ってみよう!!

ノービザ(無査証)ツーリストビザ(観光ビザ)EDビザ(留学ビザ)の延長手続きや90日レポートの申請・再入国許可(リエントリーパーミット)の取得の為には入国管理局に行かなくてはいけません。

私もEDビザ(留学ビザ)で滞在していた事があり延長手続きの為に何度も入国管理局へ行きましたが、毎回思っていたのは『遠いな』とか『不便だな』でした(笑)初めての人には行き方など難しいと思うので、私なりに行き方をご紹介したいと思います!分かりにくかったらゴメンナサイ(笑)

バンコクの入国管理局の行き方

最寄り駅はバンコクスカイトレイン(BTS)の戦勝記念塔(ビクトリーモニュメント)駅かモーチット駅になります。それぞれの駅から入国管理局への行き方をご紹介します!!

戦勝記念塔(ビクトリーモニュメント)駅からの行き方

戦勝記念塔駅からは166番のバスに乗って行きます。バス停の場所は地図にある戦勝記念塔と書いてある付近です。沢山のバスが集まっているのでスグに分かると思います。

もしバス停が分からない場合は制服を着ている切符売りのおばちゃんらしき人が居るので『ไปตมรอที่ไหนคะ』(パイ トーモー ロー ティーナイ カ?)と聞けば教えてくれるとは思います。

ちなみに166番のバスは2つありますので行き先に注意です!!見分け方は…

赤板に白文字はインパクトアリーナ行き

・白板に赤文字は入国管理局直行バス(看板にGovernment Complexと書いています。)

戦勝記念塔(ビクトリーモニュメント)駅からバスに乗った場合は入国管理局がある政府総合庁舎B棟のビルの前まで行くのでこちらをオススメします。

モーチット駅からの行き方

モーチット駅3番出口から出るとスグにバス停が見えてきます。ここから52番のバスに乗ると入国管理局方面へ行く事が出来ます。

目印は、まず『TOT』の水色の文字の看板が見えたら降りる準備をして、『CAT』というオレンジ色の文字の看板の前で降りて下さい。CATの会社の横を通る大きな道路は『チェーンワッタナーソイ7』と言います。

チェーンワッタナーソイ7を入ってすぐ左側にバイクタクシーの乗り場があります。『イミグレーション』と言えば連れて行ってくれます。料金は20バーツです。入口と同じ2階に入国管理局はあります。

正面入口から入った場合の行き方を説明したいと思います。(もう一つの入口から入った場合は、入ってスグ右側が入国管理局です。)正面入口を入ると、荷物チェックがあります。

荷物チェックを通過すると大広場があります。大広場では沢山のお店が出ている事があり、私のオススメはたまに出ているマッサージ屋さんです。

ビザ延長の手続きはかなり待つ事が多く、私は最長6時間ぐらい待った事があります。

こういう時に大広場で沢山のお店が出ていたらかなりの暇つぶしになります(笑)

最後に

ここまでお読み頂き有難う御座いました。私自身バンコクには約3年程暮らしました。暮らし始めた当初は何もかも分からない状態でした。

そんな時周りの友人や知り合いなどに色々と情報を教えて頂いたりと恵まれた環境だったと思います。

それで今度はこれからタイで長期滞在を始めようかなと思っている方々の力になりたいと思いこの記事を書く事にしました。

私がバンコクに住んでみて思った事はタイ語は勉強していても損する事はないという事です。バンコクには沢山の日本人在住者がいるので日本語が通じる所も多いですし、病院などでも通訳の方が付いてくれます。

なので正直タイ語を勉強する意味はあるのかな?と思っていました。でもいざタイ語を勉強してみると面白くて、簡単なタイ語が使えるようになるとタイ人の方ともコミュニケーションがとれるようになり、交友関係が広がります。

もしこれからタイで何か習い事をしたいなと思った時は是非タイ語を習う事をオススメします!これからタイに住まれる方の生活ライフが豊かなものになる事を祈っております!

※もしかしたら情報が間違っていたり古かったりするかもしれないので、その際は教えて頂けたら幸いです!!

 

文章:優斗深本(ゆうと ふかもと)

関連記事

  1. スクンビットにあるおすすめホテル③
  2. シタディン スクンビット 16 バンコク(Citadines S…
  3. スクンビットにあるおすすめホテル②
  4. 穴場的(?)パワースポットへ行った話
  5. タイで気を付けた方がいい病気
  6. 母なる海に癒されたい
  7. バンコクのおすすめリバーサイドホテル
  8. お伊勢参りへ行ってきた(前編)

カテゴリー

PAGE TOP