癒し

心を癒すために実践した3つの行動

心を落ち着けて、前を向くために

毎日、なるべくストレスを溜めないように気を付けていても、日々の些細なことが積もりに積もり、知らない間に大きなストレスになっていることってありますよね。

筆者も出来るだけ前向きに過ごすよう心がけていますが、季節の変わり目などで心の調子が悪くなり、ストレスを抱えることがあります。

今回は、心を癒して前向きになるために筆者が最近実際にやってみたことを書き記していきます。

お風呂を徹底的に掃除する

睡眠や食事の時間でも心を癒すことが出来ますが、身も心も綺麗に洗い流すことが出来るお風呂タイムは心を癒す方法としてとても重要ですよね。

そんなくつろぎの場所が汚れていると、なかなか心の底からリラックスすることは出来ません。

筆者も毎日お風呂に入って最低限の掃除はしていますが、今回はお風呂の隅々まで徹底的に掃除をしました。

お風呂の天井や手が届きにくい壁の上側などを専用のブラシとクリーナーで洗い流し、床や排水溝も綺麗に磨き、とにかく目に見える汚れを出来る限り落としました。

いつもよりピカピカになったお風呂を見ただけでも「頑張った!」という達成感を得て、綺麗になったお風呂でいつもより気持ちの良いお風呂タイムを過ごすことができ、心が癒されました。

ちょっと良いヘアケア用品を買う

筆者は頭を洗う際、基本的にシャンプーとリンスを使用し、トリートメントはたまに利用する程度でした。

「頭さえ綺麗に洗えたらいいかな」ぐらいの認識でしたが、先日ドラッグストアのヘアケア用品の棚を眺めていると、「洗い流さないトリートメント」が目に留まりました。

以前から「どんな効果があるのかな?」と気になっており、思い切って購入してみました。

いつも通り頭を洗ってお風呂から上がったあと、タオルドライをしてから洗い流さないトリートメントを毛先に染み込ませるように使用しました。

数日間お試し感覚で使っていましたが、以前よりも髪のお手入れがしやすくなったと感じました。

シャンプーよりも少し高価なものが多いですが、使用すると良い香りもしますし、髪の手触りも良くなったので「少し奮発してでも買ってよかった」と思い、最近はトリートメントを髪になじませる時間が癒しになっています。

趣味について考える時間を増やす

筆者はイラストを描くことが好きです。

ただ描くだけでも楽しいのですが、構図を考えたり、配色を考える時間も楽しく癒しを感じます。

空いた時間に「今度はこんなイラストに挑戦しよう」とアイデアを練る時間はとても充実感を得られます。

そして、最近は自作のイラストをネットサービスを通じて手軽にグッズに出来るみたいですね。

例えばアクリルスタンドやキーホルダー、漫画や複数のイラストをまとめた本も作れるみたいです。

作成にお金と時間はかかりますが、世界に一つだけの自分のオリジナルグッズをいつか作ってみたい…!という目標も生まれ、心の栄養が補充された気がしました。

掃除、自分への投資、趣味が心を癒す

今回実践したことを簡単にまとめると、「掃除」「自分への投資」「趣味を楽しむ」といった感じでした。

普段から上記のことを実践している方も多いとは思いますが、もし、心が辛くてどうしたらいいのか分からない、という方がいたら上記の3点をおすすめします。

ただ、無理して行う必要はないですし、一人ではなく誰かと相談・協力して行うのも良いと思いますよ。

今回の記事が皆さんの癒しに少しでも繋がりますように…!

 

文章:みかげ

関連記事

  1. 犬(シーズー)と癒し
  2. エイプリルフールネタで笑って癒されよう!
  3. 「聞いてもらう」という癒し
  4. 『ウマ娘 プリティーダービー』を遊んで可愛いウマ娘に癒されよう♪…
  5. テレワークにおける癒し効果
  6. バイクと癒し(ヤマハSR400)
  7. 「逆張り」のひねくれた癒し。
  8. 時計と癒し

カテゴリー

PAGE TOP